2018 年 6 月 25 日

かぶちゃんファーム韮崎より

韮崎の桃
梅雨の季節となり雨の日やジメジメとした日が続きますが、韮崎の桃はこんなに大きくなりました。

現在韮崎事務所では、桃の「袋掛け」という作業を行っております。

桃の袋掛け
袋掛けとはこのように桃の実に遮光・通気・撥水に優れた袋を掛けていくことです。

なぜ袋を掛けるかというと、病気や害虫からの被害を防ぐこと、雨風による自然災害から実を保護することです。
これからの時期はこれらの被害が多くなるので袋掛けはかかせない作業となります。
また袋を掛けることにより食味や口当たりの良い桃となります。

袋掛けの様子
袋を掛けていくとこのようになります。
樹の生育状態によりますが、袋の枚数は400~600枚が目安となります。

一つ一つの実に袋を掛けていく大変な作業ですが、美味しい桃を皆さんにお届けする為にこれからも頑張っていきたいと思います!

かぶちゃんファームスタッフよりha