2018 年 5 月 30 日

飯田事務所から

みなさん、こんにちは。

飯田は最近、暑さが増し、日中は30℃越えることが多くなりました。

今、梨園では摘果作業と黒星病点検と同時に作業しています。
今回は、主に黒星病について書いていこうと思います。

黒星病の実
写真の黒い部分は、黒星病と言う病気です。
果実や葉っぱにつき、指で触ってみると黒いすすがつきます。
この黒いすすが大きくなり、梨の果実が裂果しやすくなるなどの影響が出てきてしまいます。

これらの被害を抑えるため、黒星病は見つけたら袋に入れて回収していきます。
回収した後は、土に埋めてしまいます。

実を土に埋める
土に埋めてしまえば、黒星病の菌が風によって広がっていくことはありません。
このように黒星病の拡散を抑えていきます。

柿の様子
こちらは柿の様子です。
柿は花が咲いた後、少しずつ散っていき小さな実になってきています。

おいしい梨と柿がとれるようこれからも作業を頑張っていきます。

かぶちゃんファームスタッフよりha