2017 年 6 月 19 日

順調に生育しています

6月も中旬に入り、梅雨入りが発表されましたが、
日中は気温が高く、天気のよい日が続き、作業日和な飯田からです。

草刈作業で各地をまわっていると
柿の木の生育を目で見て感じることができます。

柿の木
写真の木は、今年(2017)の春に定植した柿の木の様子です。
枝の先から新しい芽が出てきています。

柿の木
こちらは昨年(2016)に定植したものです。
伸びた枝から、新しい葉っぱや枝伸びてきています。

柿の木
一昨年(2015)に定植したものです。
少しずつ木の形ができ始めているのがわかります。

柿の木
2014年に定植を行ったものです。

柿の木
定植をして3年ぐらいしますと、少しずつ実がつき始めているのが見えます。

このぐらい大きな木になりますと、余分な枝を取る「芽かき」、
余分な蕾を取る「摘蕾」、余分な実を取る「摘果」などを行うようになります。

まだ、木が十分な大きさになっていないため、木が大きく生育できるように実の数などを調整します。
これによって、実も大きくなるので楽しみです。

まだまだ暑い日が続きますが、作業を頑張っていきます。

かぶちゃんファームスタッフよりha