2017 年 1 月 29 日

冬の柿の森から

まだまだ寒い日が続き、畑にも雪が残る飯田からです。
咋年の春に定植した柿の苗の様子です。
冬の柿の森
写真は、松川町に園地の幼木です。
冬の雪や寒さにも負けずに立派に成育しています。

柿の成木では、冬季は剪定作業を行っています。

冬の柿の森
剪定前の木です。
木のいろいろな場所から枝(徒長枝)が出ています。
これを剪定で余分な枝や樹形を考えながら切っていきます。

冬の柿の森
剪定を行うことで、木がすっきりしました。
剪定は本年の柿の実のつき方や木の形を作るうえで大切な作業です。
1本1本時間を掛けて剪定をします。

今年もたくさんの柿が取れるよう作業を頑張っていきます。

かぶちゃんファームスタッフよりha