2016 年 12 月 17 日

熊本県産の苺

今年も寒い季節になってきましたね。
熊本県の気候は寒暖の差が激しく、苺の生育にも良い影響を与えていると
日々感じています。
それでは、熊本県産の苺の現状をお知らせします。

苺畑
苺の管理では色付きを良くする為に
苺の実に、たくさん日光が当たるよう工夫をします。
糸を使ったり、串を使うことで実が葉に隠れぬよう調節します。
今回は糸を張って、陽の光を当てました。

苺
10月に定植した苺苗もしっかりとした実になってきました。
まだ数は少ないですが、お届け出来る頃には
たくさんの実が成り綺麗な苺畑にします。

苺の花
苺の花も綺麗なので載せてみました。

熊本もそろそろ厳寒期に入ります。
厳寒期に入ると、苺は小さい葉しか付けません。
小さい葉では、栄養が十分に出来ないので
ハウス内に暖房を焚いて、苺を寒さから守ります。
寒さを乗り越え、苺たちが皆様のお手元に
美味しく届けられるよう、大切に育てます。

かぶちゃんファームスタッフよりha