2016 年 11 月 11 日

柿収穫進行中

11月に入り、飯田下伊那地域では市田柿の収穫がピークを迎えています。

今年の柿は100gを越えるような大きさのものが多くとても取りがいがあります。
表年でもあるため、1本の木に多くの柿がついています。
柿"
収穫を続けていくと中にはこのような変な形の柿もあったりします。

このような柿はとても剥き辛いため、干し柿に使えないため捨ててしまいます。

柿の木"
収穫を行う前の柿の木です。
たくさんの大きな実がついています。

収穫後の柿の木"
収穫後の柿の木です。
木の大きさにもよりますが、おおよそ1時間程度で1本の柿の木の収穫が終わります。

下に落ちている柿は、収穫時にすでに柔らかくなってしまったものなどです。
これらの果実は干し柿の加工に出荷できないため、地面に落として土に還します。

収穫の終わりは見えてきましたが、まだまだ取れていないところもあります。
残りの柿も頑張って収穫していきます!

今年もたくさんのおいしい干し柿ができるよう収穫を頑張っていきます。

かぶちゃんファームスタッフよりha